ゾム ロボロ 小説bl。 ○○の主役は我々だ、のゾムさんはメンバーの誰と仲がいいですか?

我々だ短編集!!

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

実際、これはこの小さな編集の最初のエントリです。 「起きてー…ゾムー…」 「まだ…寝てたい…」 「仕事やぞ?休むん?」 「休みたい…ロボロと居たい…」 「ほんっと…こういう時だけ 可愛く猫かぶりよって…」 そう言って会社に電話を かけてくれるロボロ。 木々が開けた先、ベンチの更に向こう側でゾムがナイフを逆手に持ち変え今にも己の腹を貫こうとしているのが目に飛び込んできた。

9

WT/我々詰め

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

栗毛色で少し伸びた毛を後ろに縛っており、澄んだ緑の瞳が少し長めの睫毛から見え隠れする。

9

ロボロ受け短編集

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

後に普段から食わへん人のほうが食害しがいがあるみたいなことを言っていたのでトントンは標的から外れたようです。 こちらも食害しようとして返り討ちにされたことがありましたね。 『何で…何でそこまでして…』 「僕にとって仲間は何より大切やねん。

8

ゾム ロボロ 小説bl

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

猫みたいにふわふわして、柔らかい。 仲間だけは傷付けたくないんや。 お互いに熱い視線を送り合いながら。

15

我々だ短編集!!

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

(ちょっとくらいええよな?) 手を伸ばして、髪に触れてみる。 そう、あの時、医務室で僕を掴んだゾムの手に力が入っていた事も、腕が僅かに震えていた事も。 驚いたロボロは反射的に止めようと駆け出したが、既に遅く、木々の切れ間に辿り着いた時には車椅子の上で腹から血を流しうずくまるゾムが居た。

20

ロボロ受け短編集

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

ただロボロは必死にゾムに駆け寄って車椅子を掴むと、医務室に向けてがむしゃらに走った事だけは確かだった。 その後ゾムも見してくれるんやったらな」 ゾム「おん。

16

【d!】rbr, お前 … 妹 居ったんやな

小説bl ゾム ロボロ 小説bl ゾム ロボロ

それに、そないなこと言うんやったらゾムも顔半分しか見たことないねんで」 フードで隠れてるしな ゾム「あ~そういやそうやったわw…なあロボロ」 ロボロ「おん?なんや」 ゾム「俺ロボロの瞳の色知りたいやんな。

12