ねこ かつ。 Nekokatsu

æĸ…į”°é”䚟ぎäŋč­ˇįŒĢã‚Ģフェ(ねこかつ)ãŽč­˛æ¸ĄäŧšãŽå ´æ‰€ã‚„æ—Ĩį¨‹ã¯īŧŸé‡ŒčĻĒæĄäģļã‚„äžĄæ ŧもčĒŋæŸģīŧ

かつ ねこ かつ ねこ

しかも、æĸ…į”°ã•ã‚“č‡Ēã‚‰åąŠã‘ãĢæĨãĻくれるという、ãĒんãĻčĻĒ切ãĒæ–šãĒんでしょう。 ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€ 遊んでいただくだけでも構いぞせん。

5

Nekokatsu

かつ ねこ かつ ねこ

æĸ…į”°é”䚟ぎäŋč­ˇįŒĢã‚Ģフェ ねこかつ ぎ里čĻĒīŧˆč­˛æ¸Ąīŧ‰ãŽæĩã‚Œã¨æĄäģļã‚„äžĄæ ŧ ここからは、æĸ…į”°é”䚟さんぎ運å–ļã™ã‚‹ã­ã“ã‹ã¤ã§č­˛æ¸Ąã—ãĻもらうæĩã‚Œã‚„æĄäģļãĒおをį´šäģ‹ã—ぞす。

14

äŋč­ˇįŒĢã‚Ģフェ ねこかつ 大厎æ—Ĩ進åē—

かつ ねこ かつ ねこ

ãŠåąŠã‘æ—Ĩから1īŊž2週間į¨‹åēĻぎトナイã‚ĸãƒĢ期間でį›¸æ€§ãĒおをãŋぞす。

6

ねこかつãĢついãĻ

かつ ねこ かつ ねこ

しかし、ã‚Ģジノぎフロã‚ĸãĢはį„Ąæ•°ãŽį›ŖčĻ–ã‚ĢãƒĄãƒŠãŒč¨­įŊŽã•ã‚ŒãĻいるため、チãƒŧãƒˆčĄŒį‚ēã‚’čĄŒã†ã“ã¨ã¯äēˆæƒŗするよりもかãĒりé›Ŗã—ã„ã¨č¨€ãŖãĻよいでしょう。 æŽēå‡Ļ分をã‚ŧロãĢするためãĢã§ãã‚‹ã“ã¨ã‚’čĄŒã„ã€ä¸–ãŽä¸­ã‚’å¤‰ãˆãĻいき、1æ—Ĩも旊くこぎäģ•äē‹ãŒį„ĄããĒることを望んでいぞす。

10

äŋč­ˇįŒĢã‚Ģフェ ねこかつ イãƒŗã‚ŋビãƒĨãƒŧ

かつ ねこ かつ ねこ

ã‚šã‚ŋãƒƒãƒ•ãŒåąŠã‘ãžã™ã€‚ ねこかつぎåē—čˆ—ã¯åŸŧįŽ‰ãŽåˇčļŠã¨å¤§åŽŽæ—Ĩ進ãĢありぞす。 äģŖčĄ¨ã§ã‚ã‚‹æĸ…į”°ã•ã‚“ぎæƒŗいãĢå…ąæ„Ÿã—ã€ã­ã“ã‹ã¤ãŽå°‚åąžã‚šã‚ŋッフとしãĻåƒãčŠåŽŸã•ã‚“ã€‚

Nekokatsu

かつ ねこ かつ ねこ

動į‰ŠãŒį†į”ąãĒくæŽēされることãĢ寞する怒りや憤りがį§ãŽä¸­ãĢありぞす。

12

æĸ…į”°é”䚟ぎäŋč­ˇįŒĢã‚Ģフェ(ねこかつ)ãŽč­˛æ¸ĄäŧšãŽå ´æ‰€ã‚„æ—Ĩį¨‹ã¯īŧŸé‡ŒčĻĒæĄäģļã‚„äžĄæ ŧもčĒŋæŸģīŧ

かつ ねこ かつ ねこ

そぎためãĢäģŠã¯ã“ぎæ´ģ動を大きくしãĒければãĒりぞせん。 是非ネã‚ŗをéŖŧいたいと思ãŖãĻいる、そこぎあãĒたīŧ 「ねこかつ」ãĢ行ãŖãĻãŋãĻはいかがでしょうかīŧŸæœ€éĢ˜ãŽå‡ēäŧšã„があるかもįŸĨれぞせんよīŧŸ 最垌ぞでčĒ­ã‚“で頂きありがとうございぞすīŧ ゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク. 50åŒšåą…ã‚Œã°ã€50万円äģĨ上はすると思いぞす。 ãŋんãĒで劊け合ãŖãĻ、1匚でも多くぎネã‚ŗãĄã‚ƒã‚“ãŒé•ˇãį”Ÿãã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã‚’åŋƒã‚ˆã‚ŠéĄ˜ãŖãĻいぞす。

3

Nekokatsu

かつ ねこ かつ ねこ

æĸ…į”°é”䚟ぎįŒĢã‚Ģフェīŧˆã­ã“かつīŧ‰ãŽãŠåē—ぎ場所 ã­ã“ã‹ã¤åˇčļŠåē—â€ĸ ねこかつãĢついãĻ įŒĢと遊んでåŽļ族æŽĸし。 おわりãĢ äģŠå›žã¯ã€æĸ…į”°é”䚟さんぎ運å–ļã™ã‚‹ã€Œã­ã“ã‹ã¤ã€ãŽč­˛æ¸Ąäŧšã‚„里čĻĒæĄäģļãĒおãĢついãĻぞとめãĻãŋぞした。

äŋč­ˇįŒĢã‚Ģフェ ねこかつ 大厎æ—Ĩ進åē—

かつ ねこ かつ ねこ

č‰¯ã„éŖŧいä¸ģさんãĢåˇĄã‚Šäŧšãˆã‚Œã°ã€æœŦåŊ“ãĢ嚸せãĢ暎らせる。 ã€č‰¯ã„å­ãĢプãƒŦイをæĨŊしãŋぞしょう。